足の裏白くふやけ

私のおすすめの水虫の薬はラミシールです。

私は仕事が接客業で、ほぼ毎日6〜7時間はストッキングにパンプスを履いています。

 

汗っかきで足の裏にも汗をかくせいか、いつの間にか水虫になっていました。

 

両足の指の間や裏側が幾つもの水虫にかかり、皮膚が白くなってふやけた感じになっています。

 

薄皮が日焼け痕の肌のようにめくれていて、見た目がかなり悪いのです。

 

しかも、時々無性に足が痒くなってしまい、我慢出来ずにかくと余計水虫にかかった部分が酷くなります。

 

この水虫のせいでサンダルが履けなくなってしまい、家族にも移してはいけないからと家の中でも靴下生活です。

 

靴も靴下かストッキングを穿いてブーツやパンプス、スニーカーしか履けないので、夏でも足が蒸れて益々水虫が治りませんでした。

 

しかし海やプール、温泉へ行ったり出来ないのも家の中で快適に過ごせないのも嫌で、水虫対策をする事になりました。

 

水虫対策

 

まずは清潔が一番大事と、今まで穿いていた靴下やストッキング、靴を思い切って捨てました。

 

そして新たに買った風通しのよく汗の吸収性もいい履物を使うようにしました。

 

これは水虫にかかった足で履いている物をずっと使い続けていても、いつまで経っても治らないと思ったからでした。

 

バスマットや絨毯、スリッパにタオル等も買い替えました。

 

そして家の中では出来るだけ裸足になりるようしました。

 

水虫の薬はラミシール

 

ラミシールという水虫の薬を使っています。

 

外出時にはスプレータイプの水虫の薬を持って行って、時間が空けば小まめに足を汗拭きシートで拭いてから、スプレーを吹きかけています。

 

その際はそれまで穿いていた靴下やストッキングを脱ぎ、新しい物を身に着けるようにしました。

 

約1年で水虫が完治

 

毎日小まめに汗を拭き薬を塗って清潔な物を身に着ける、お風呂では念入りに清潔なタオルで洗うという事を半年間続けました。

 

すると段々と水虫が治ってきたのです。

 

水虫の完治には約1年かかりました。

 

今ではサンダルも履けますし、裸足になれます。

 

基本的な事ですが、あまりお金をかけずその代りに手間をかけて水虫を治す事ができました。

 

>>水虫の薬ラミシールをこの通販サイトから購入しています。