水虫治すオロナイン

水虫を治すなら市販のオロナインが効きます。

私はそんなにひどい水虫の症状ではないのですが、これまでに色々な水虫の薬を買って効き目を試してきました。

 

その中で思ったのは、水虫の症状が軽いものであれば、結構、オロナイン軟膏が効くということです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】オロナインH軟膏(30g)【オロナイン】
価格:387円(税込、送料別) (2016/12/14時点)


 

オロナイン軟膏はその効能にも軽い水虫と書かれています。

 

オロナイン軟膏には殺菌成分が入っており、水虫菌を殺菌する効果があります。

 

一方、気を付けなければならないのはステロイドの薬です。

 

これは逆に水虫の症状が悪くなるために絶対に使ってはいけません。

 

水虫の原因である白癬菌というのはカビの一種です。

 

そのため、水虫にとって一番よくないのは、靴の中の湿度が高い事、通気性がない事だと思います。

 

もし、ずっと裸足で過ごせるような環境にいるならば、実は水虫の薬を使わなくても放っておくだけで、自然と治っていくものではないかと思います。

 

一日中同じ靴を履いていると水虫になる可能性が高くなるといいますが、それは靴の中が蒸れるためです。

 

特に夏場などは、水虫になってしまう人も多いことでしょう。

 

乾燥した環境であれば白癬菌も生息しにくい環境となるため、治癒に向かいます。

 

水虫の薬を塗ってもずっと靴を履いて蒸れた環境を作っていてはなかなか治らないため、どのような水虫の薬がいいのかを考えるよりも、まずはどのようにして靴を履かない環境を継続するかを考えるべきかと思います。

 

仕事で外回りなどしていれば、靴を脱ぐなんてことはなかなかできることではないかと思いますが、例えば帰社した際のデスクワークの時やランチの時、電車での移動中に椅子に座れた時など、できる限り靴を脱ぐことを心がけたほうがよいと思います。

 

(東京都 店長さん)