足の爪水虫を治すピロエース

水虫とはうまくつきあえ!

もう水虫とお付き合いしてからかれこれ40年近くなります。

 

発症したのは会社の寮に新入社員として入った時です。

 

寮の友人が水虫でいつもいっしょに風呂に入っていたのですが、いつの日か私も水虫になっていました。

 

当初は足が痒くて皮がボロボロと?け始めました。

 

特に何もしないままに冬になって痒みは治まりました。

 

次の年の春、暖かくなってくるとまた痒みが出始めました。

 

そのころ付き合う彼女も出来てこのままではいかんと思い、タムシチンキを塗っていたら治りました。

 

というか治ったと思っていました。

 

それから結婚して子供もできたある日、足の爪が痛いので良く見ると爪が大きく反って端が肉に食い込んでいました。

 

これは何だ!!早速外科の医者に行くと「水虫にやられとるなあ」というではありませんか。

 

そして爪をニッパーのような器具でパチンと切り取って終わりでした。

 

私は水虫はもう治っているはずと思っていましたが、医者から見るとまだ水虫がなおっていないんだと思っていました。

 

後から知ったのですが、医者は足の水虫のことではなく足の爪の水虫のことを言っていたのでした。

 

私はそれまで足の爪が水虫にかかることは知りませんでした。

 

それからしばらくして今度はまた足が痒くなってきました。

 

どうも足の爪から皮膚へ水虫がうつったようです。

 

それから毎日ピロエースダブルをつけていると皮膚の水虫は治りましたが、足の爪はなおりません。

 

皮膚科でもらう薬を飲み続ければ治るようですが、もうあきらめました。

 

今はピロエースをつけながら足の爪とだましだましつきあっております。

 

(奈良県 かゆいおっさんさん)