ラミシールの特徴

ラミシールの特徴など

ラミシールは、水虫の薬です。

 

塗り薬で、副作用は少ないです。

 

塗るときに軽い刺激を感じることはあるかもしれませんが、心配いりません。

 

人によってかぶれを起こす場合があるのですが、もし酷い場合は病院に行くようにしてください。

 

用法は、1日1回となります。

 

くれぐれも、使いすぎないように注意してください。

 

使いすぎると、皮膚が荒れたりかぶれることもあります。

 

治すためには、指示された期間しっかりと続けることが大事です。

 

途中でやめてしまうと、ちゃんと治らない可能性も十分ありえます。

 

また、足の裏など角質層が厚い部分は、半年から1年以上続けないと完治しないことがあるので、根気強く続けることが重要となります。

 

また、広めに塗ることも大事です。

 

周囲についている菌などを完全に死滅させるためです。

 

他にも大事なことはあります。

 

それは、患部をきちんと洗い、乾燥させることです。

 

きちんと薬を塗っていても、そのあたりをしっかりしていないと意味がありません。

 

ただ、薬を使う際、ただれが酷かったり傷がある場合は、慎重に使うようにしてください。

 

また、市販の水虫薬を使っていた人はそれをきちんと医師に伝えるようにしてください。

 

菌が上手く見つけられない可能性があります。

 

ラミシールは塗り薬以外にも、液剤やスプレーもあります。

 

症状や部位、使い勝手などを考慮して使い分けます。

 

ただ、一般的にはクリームが多いです。

 

液剤は刺激が強いですが、角質層にはよく浸透します。