水虫予防緑茶殺菌足湯

水虫の予防・初期段階におすすめは緑茶殺菌足湯です。

中学生の時に、「もしやこれって水虫?」という症状が出たことがあります。

 

その頃はバスケットボール部に所属していたので、重くて暑苦しいシューズを長時間はいたままでいる毎日でした。

 

部活の外でも授業は室内履き、お稽古や塾が続いて「靴を履いたままの状態」が長かったので、必然の流れかもしれません。

 

ある時、右足の指のあいだが、痒い…とまではいかないのですが「常に違和感があってぞわぞわする」状態が1週間以上続いて、変だなと注視すると、強烈なにおいがあったのです。

 

私が幸運だったのは、当時さくらももこさんの著書・特にエッセイをよく読んでいて、その中に水虫対策の話があったことです。

 

彼女が試したという「お茶療法」を試してみました。

 

緑茶の出がらしを母にもらって(お茶の葉を不織布パックに入れて淹れる家庭でした)、それをお風呂のお湯につけて、わずかに緑色がしみ出したあたりで足湯を試みました。

 

わずか10分ほどですが、これを数日ほど続けた所、右足指の「ぞわぞわ違和感」および悪臭は消えて行きました。

 

お茶の殺菌力ってやっぱりすごい…そしてさくらさんありがとう!と心から思いました。

 

その後もたびたび、水虫トラブルに遭っている人、足の臭いにコンプレックスを持っている人に話す機会があると、「お茶って何気にすごいですよ」とこっそり教えています。

 

ただ、これはさほど進行していない「初期段階」の場合、あるいは予防策に特に有効なケースだと思われます。

 

はっきりとかゆみがあり、皮膚がぼろぼろにむけるような所まで進んでいると、お茶の殺菌足湯だけでは心もとないかもしれません。

 

医療機関でしかるべき薬を処方してもらうべきだと思われます。

 

(海外(フランス) 祝子さん)